備忘録のため,内容の正当性については責任を持ちません。

以前 Linux 上で,地デジチューナ QRS-NT100P を用いて録画サーバを構築したのだが,結構な頻度で録画に失敗するので,Windows 7 (64bit) + TvRock の環境で構築し直してみた。

QRS-NT100P



手順

まず MTVHDU_080701_Drv.zip を入手し,ファイル名に “BDA” と付いているものをすべて削除する。

次に HDUS 関係ファイル置き場から up0423.zip と up0424.zip をダウンロードし,中身を MTVHDU_080701_Drv の中に放り込む。さらに uusbd64.sys と uusbd64.inf を入手して,MTVHDU_080701_Drv の中に入れる。

あとは QRS-NT100P を接続してドライバをインストールすれば良いのだが,普通にインストールしようとしてもドライバ署名のエラーが出て失敗するので,どうにかしなければならない。私の場合は,Windows を再起動して,起動時に [F8] を押し,「ドライバの署名を強制を無効にする」を選択することで回避した。ただしこの方法だと,起動するたびにこの手順を実行しなければチューナが使えない。これを自動化したり,自分でドライバに署名する方法もあるようだ。

チューナの準備ができたら,あとはカードリーダのドライバを入れ,TvTest とTvRock をインストールしてセッティングすれば良い。


参考ページ

コメント

コメント(1) “Win 7 + QRS-NT100P で録画サーバを構築する”

  1. tokutoku

    NT100Pを64bitで使いたくてこちらに辿り着きました。
    いきなり質問で申し訳ありませんが、
    手順の最初にBDAと付くもの全てを削除と有りますが、それだと
    SKNET_HDTV_BDA.sysが無くなってしまうのですが、何か間違ってますでしょうか。

コメントする




CAPTCHA