備忘録のため,内容の正当性については責任を持ちません。

iPhone を iOS 5 にアップデートしてから、iMessage という機能が追加された。この機能では、対応端末 (iPhone, iPad, iPod touch) 間でメッセージのやりとりを行うことができる。

メッセージ

(SoftBank の) iPhone では、SMS/MMS と iMessage の両方を「メッセージ」というアプリで送受信するが、実際どの程度の人がこれらの違いを理解して使ってるんだろうか?

SMS と MMS は携帯キャリアが提供するサービスであり、SMS は電話番号で、MMS は 〜〜@softbank.ne.jp などのメールアドレスで、キャリアを経由してやりとりされる。一方の iMessage は、電話番号やメールアドレスを ID にして、Apple のサーバを経由して送受信される。このため、3G 回線だけでなく、Wi-Fi 接続でも利用することができる。

ここで本題だが、iMessage は SoftBank と au 間でも (パケット使い放題なら) 無料で利用できる。しかし、状況によっては、意図せず課金される場合があることに気づいた。今回はそのことについて紹介する。


「メッセージ」アプリの動作

推測だが、iPhone の「メッセージ」アプリは次のような動作になっている。

まず、宛先 (電話番号またはメールアドレス) が入力されると、その宛先を毎回 Apple のサーバに問い合わせ、相手が iMessage に対応しているかどうか確認する。デフォルトでは SMS/MMS での送信になるが、相手が対応していれば iMessage に切り替わる。このときの表示が微妙に異なっていて、前者ならタイトルが「新規メッセージ」と表示され、宛先や送信ボタンが緑色になる (図左)。後者なら、タイトルが「新規 iMessage」となり、宛先や送信ボタンが青色で表示される (図右)。

SMS/MMS と iMessage の表示の違い


キャリア間 SMS

去年の7月から、異なるキャリア間でも SMS の送受信が可能になったのだが、今回問題になるのが「キャリア間 SMS は有料」ということだ。つまり、SoftBank の iPhone から au の iPhone (またはその逆方向) への SMS の送信は有料となる。この記事を書いている時点での、SoftBank の他社宛 SMS の国内送信料は、1通あたり3.15円 (税込) らしい。

先述のように、iPhone の「メッセージ」は、おそらく毎回 Apple のサーバに対して、相手が iMessage に対応しているかどうか問い合わせている。このため、宛先を入力してから問い合わせに成功し、送信方法が SMS から iMessage に切り替わるのに、若干時間がかかる。また、地下鉄の車内など、電波環境が良くない環境では、問い合わせが成功しないことがある。

さらに言うと、iMessage でやり取りしていても、途中で勝手に SMS に戻っていることさえある。

SMS と iMessage が混在した様子

当然だが、これらのような現象により、他キャリアに SMS を送信すると、送信料を課金されてしまう。

また、iPhone の iMessage はおそらくデフォルトで、「iMessage が利用できない場合は SMS でメッセージを送信」するようになっている。このため、通信状況によっては、iMessage に切り替わった表示になっていても SMS で送信されることもありそうだ。

SMS で送信

当の自分も、意図して他キャリア宛に SMS を送ったつもりはないのだが、My SoftBank で料金明細を確認すると、SMS 通信料がしっかり課金されていた。

他社宛の SMS 送信料

わずかな額とは言え、iMessage で送れていれば本来発生しない料金である。今後はちゃんと切り替わっているかどうか確認するようにしたい。

参考ページ

コメント

コメント(2) “iMessage のつもりが SMS に切り替わっていて課金される”

  1. 匿名

    件名を表示させて、右上にある文字数(20/70)を確認するしかない…

    色ぐらい30種類ぐらいから選ばせろ!
    外部ランプがないんだから!

  2. 名無し

    それじゃ、意味ないじゃん。
    信者はまた裏切られたんだ。

コメントする




CAPTCHA