備忘録のため,内容の正当性については責任を持ちません。

Rails のお勉強をしばらく放置してたが、久しぶりに再開する。今回はそれなりに実用的なアプリケーションを作ってみる。

お題は、一言でいうと「SSL 証明書の有効期限を管理するシステム」が欲しい。名前は “Certs” としよう。

完成予想図

完成予想図




要件

ふんわりとした要件は以下の通り。

  • 複数の SSL 証明書の有効期限とベンダー名を管理する
  • 有効期限とベンダー名は…
    • 自動的に取得する
    • cron で定期的に更新する
    • 日付でなく残り日数で表示する
  • 証明書ごとにメモを残せるようにする
  • ページ送り処理を実装する
  • 検索機能を付ける

前提

開発は Mac で行なう。以下の環境が既に用意されているものとする。

$ ruby -v
ruby 1.9.3p448 (2013-06-27 revision 41675) [x86_64-darwin12.5.0]
$ rails -v
Rails 3.2.14
$ mysql --version
mysql  Ver 14.14 Distrib 5.5.29, for osx10.6 (i386) using  EditLine wrapper

コードは Git で管理し、GitHub にリポジトリを置く。端折った手順やコードの詳細はリポジトリを参照して欲しい。

開発開始

それでは早速作り始める。まずは新しいアプリケーションを作成する。

$ rails new certs
$ cd certs

Rails の development 環境の DB は SQLite がデフォルトだが、MySQL に変更する (commit)。MySQL のユーザや DB はあらかじめ作っておくこと。

$ vi Gemfile
$ vi config/database.yml
$ bundle install

scaffold

scaffold で骨組みを作る。

$ rails g scaffold certificate \
    common_name:string \
    ipv4addr:string \
    port:integer \
    organization:string \
    issuer:string \
    expired_at:datetime \
    checked_at:datetime \
    note:text

DB にテーブルを作成する。

$ rake db:migrate

WEBrick で Web サーバを起動してみる。

$ rails s

Web ブラウザでアクセスする。

http://localhost:3000/certificates

ここまでの作業で以下のようになる。

scaffold

scaffold

Twitter Bootstrap

デザインに Twitter Bootstrap を適用する (commit)。

$ vi Gemfile
$ bundle install
$ rails g bootstrap:install
$ rails g bootstrap:layout application fluid
$ rails g bootstrap:themed certificates

view のレイアウトを調整する (commit)。

$ vi app/views/layouts/application.html.erb

これで次のような感じになる。

Twitter Bootstrap

Twitter Bootstrap

入力バリデーション

入力バリデーションを設定する (commit)。内容は次の通り。

  • common_name
    • 入力必須
    • 文字数: 最大255
    • フォーマット: 正規表現で指定
  • ipv4addr
    • 文字数: 最大15
    • フォーマット: 正規表現で指定
  • port
    • 数値のみ
      • 空を許容
      • 0 より大きい
      • 65535 未満

この他に使用できるバリデーションルールはドキュメントを参照のこと。

ルールは model で指定する。

$ vi app/models/certificate.rb

これでバリデーションエラーが発生すると次のようになる。本当はエラーメッセージが表示されるはずなのだが出てない。Twitter Bootstrap を適用した影響みたいなので後でどうにかしよう。

validation エラー

validation エラー

モジュールの作成

証明書の有効期限を OpenSSL で取得するモジュールを作成する (commit)。OpenSSL の使用法は下記の記事を参考にした。

$ vi lib/cert_util.rb
$ vi config/application.rb
$ vi app/models/certificate.rb
$ vi app/controllers/certificates_controller.rb

ついでに index の view も調整しておく。

$ vi app/views/certificates/index.html.erb

これで登録時と更新時に、自動的に有効期限を取得できるようになる。

有効期限の表示

有効期限の表示

残り日数の表示

有効期限が日付だとわかりづらいので、残り日数で表示するようにする (commit)。日数は ActiveSupport::TimeWithZone クラスのオブジェクトと Time.now の差分で算出できる。

$ vi app/models/certificate.rb
$ vi app/views/certificates/index.html.erb

これで残り日数 (有効期限と本日の差分) で表示されるようになった。

残り日数の表示

残り日数の表示

ページ送り

表示件数が多くなったときのために、kaminari という gem を用いてページ送り機能を付ける (commit)。

$ vi Gemfile
$ bundle install
$ rails g kaminari:views bootstrap
$ vi app/controllers/certificates_controller.rb
$ vi app/models/certificate.rb
$ vi app/views/certificates/index.html.erb

Twitter Bootstrap とも親和性が高くて良い感じ。

kaminari

kaminari

ジョブキュー

OpenSSL で有効期限を取得するのは多少時間がかかることがあるため、delayed_job というジョブキューを使用して、バックグラウンドで処理するようにする (commit)。

$ vi Gemfile
$ bundle install
$ rails g delayed_job:active_record
$ rake db:migrate

DB に delayed_jobs という名前のキュー用のテーブルが生成される。

あとはバックグラウンドで処理したいメソッドの前に .delay と付け加えるだけ。

$ vi app/controllers/certificates_controller.rb

ジョブキューのデーモンを起動するには次のようにする。なお Rails 標準の .gitignore だと tmp ディレクトリが消えて、起動時にエラーになるので注意。

$ ./script/delayed_job start

検索機能

当然検索機能も欲しいので、Ransack という gem を用いて実装する (commit)。kaminari との相性も良い。

$ vi Gemfile
$ bundle install
$ vi app/controllers/certificates_controller.rb
$ vi app/views/certificates/index.html.erb

これで common_name を対象にキーワード検索できるようになる。

検索機能

検索機能

cron で実行

有効期限は cron で定期的に更新できるようにしたい。つまりコマンドのインターフェイスを実装すれば良い (wget か curl で叩いても良いけどかっこ悪いよね)。これは rake の task で実現できる (commit)。

$ vi lib/tasks/certificates.rake

次のようにして task を実行できる。

$ rake certificates:update_expirations

ただし cron に登録するときは PATH が通るように気を付ける。例えば次のように。

cd /var/www/certs; /home/HOGE/.rbenv/shims/rake certificates:update_expirations

まとめ

で、できあがったものがこちら (一番上の画像)。それなりに使えるアプリケーションを手軽に作成することができた。興味があれば GitHub から clone してみて欲しい。

今後の課題としては、以下のようなことを考えている。

  • 検索性能の向上
    • AND 検索
    • 一つのキーワードで複数のカラムを対象に
  • テストの作成、実行
  • 本番環境へのデプロイ

コメント

コメント(1) “2時間で作る実用 Rails アプリ”

  1. […] 参考: 2時間で作る実用 Rails アプリ : あかぎメモ […]

コメントする




CAPTCHA