備忘録のため,内容の正当性については責任を持ちません。

Ubuntu 10.04 に LaTeX 環境を構築したときのメモ。


  1. まず、「xubuntu 9.04にlatexをインストール」を参考に、関連するパッケージをインストールする。
    $ wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
    $ wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
    $ sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/jaunty.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
    $ sudo aptitude update

    $ sudo aptitude install latex-env-ja latex-extra-ja
    $ sudo jisftconfig add
    $ sudo aptitude install ghostscript gs-cjk-resource gv
  2. dvipdfmx コマンドで PDF を生成しようとすると、
    ** WARNING ** Failed to load AGL file "pdfglyphlist.txt"...
    ** WARNING ** Failed to load AGL file "glyphlist.txt"...
    ** ERROR ** Could not find encoding file "H".

    というエラーが出るので、「ubuntu 10.04 で TeX を使えるようにする」を参考にして対処する。

  3. 文字コードは UTF-8 を使いたいので、「Ubuntu 9.04でTeXでUTF-8」を参考に、次のスクリプト (/usr/local/shell/platex.sh) を作成する。
    $ sudo vi /usr/local/shell/platex.sh
    #!/bin/sh

    name=`echo $1 | sed 's/\.tex$//' | xargs basename`
    temp=`mktemp /tmp/$name.XXXXXXXX`

    nkf -e $1 > $temp
    /usr/bin/platex $temp

    rm $temp
  4. nkf が入っていない場合はインストールする。
    $ sudo apt-get install nkf
  5. platex コマンドで、先に作成したスクリプトを実行するようにする。
    $ echo "alias platex='source /usr/local/shell/platex.sh'" >> ~/.bashrc
  6. subfigure を使おうとすると
    ! LaTeX Error: File `subfigure.sty' not found.

    と言われるので、texlive-latex-extra をインストールする。

    $ sudo apt-get install texlive-latex-extra

以上で LaTeX 環境が整った (と思う)。

TeX ファイルから PDF を生成するには、

$ platex <TeX ファイル>
$ dvipdfmx <DVI ファイル>

のようにすれば良い。

ただし、このままの状態では、xdvi で日本語を含む DVI ファイルを表示しようとしたときに、下図のように文字化けが発生するかもしれない。

xdvi の文字化け


このような場合は、次のようにして日本語のフォントを指定すれば良い。

  1. IPA モナーフォントをインストールする。
    $ sudo apt-get install ttf-ipamonafont
  2. map ファイルでフォントを設定する。
    $ sudo vi /etc/texmf/vfontmap.d/20xdvik-ja.map
    /usr/share/fonts/truetype/ttf-ipamonafont/ipam-mona.ttf
        rml  JIS-H  % ASCII pTeX
        rmlv JIS-V  % ASCII pTeX
        dm   JIS-H  % NTT jTeX

    /usr/share/fonts/truetype/ttf-ipamonafont/ipag-mona.ttf
        gbm  JIS-H  % ASCII pTeX
        gbmv JIS-V  % ASCII pTeX
        dg   JIS-H  % NTT jTeX
  3. 次のコマンドを実行することで、変更が適用される。
    $ sudo update-vfontmap

参考ページ

コメント

コメントする




CAPTCHA