備忘録のため,内容の正当性については責任を持ちません。

無料のインターネットサーバ管理ツール BlueOnyx の更なる普及を願って,さくらの VPS (512) にインストールする方法を紹介する。


OS の再インストール

まず,VPS コントロールパネルからログインする。

「OS再インストール」 → 「カスタムOSインストールへ」で,「CentOS 5.5 i386」を選択して「確認」をクリックする。 次のページで「実行」をクリックする。 (※ メモリが 4GB 以上でも i386 で OK)

初回は警告が表示される。

CentOS のインストール画面が表示されるので,Enter キーを押す。

Keyboard Type は「jp106」を選択し,OK。

Configure TCP/IP ,Enable IPv4 support の Manual configutation にチェックを入れる。 Enable IPv6 support はチェックをはずし,OK。

コントロールパネルに表示された IP アドレス,サブネットマスク,デフォルトゲートウェイ,ネームサーバを入力し,OK。

Partitioning Type は「Remove all partitions on selected drives and create default layout.」を選択し,OK。

本当に良いのか聞かれるので Yes。

パーティション構成を変更するか聞かれるので Yes。

Partitioning を設定する。 / (ルート) と /home を別パーティションにすることが重要。

Configure Network Interface は No。

Miscellaneous Network Settings で Secondary DNS を入力し,OK。

Hostname Configuration はサーバで使用するホスト名 (FQDN) を入力し,OK。

Root Password を入力し,OK。

インストールがはじまる。

インストールが済んだら,コントロールパネル「VPSホーム」の「仮想サーバ操作」からサーバを起動する。

以上で OS の再インストールが完了した。


BlueOnyx のインストール

コントロールパネルの「リモートコンソール」または ssh でサーバに接続し,BlueOnyx のインストールを行なう。

まず,yum を最新の状態にしておく。

# yum update -y

quota を有効にするために fstab を編集する。 (※ 間違えると最悪 OS が起動しなくなるので注意すること)

# vi /etc/fstab
  :
LABEL=/home             /home                   ext3    defaults,usrquota,grpquota        1 2
  :

quota を有効にし,OS を再起動する。

# mount -o remount /home
# quotacheck -cuga
# quotaon -au
# reboot

一時作業用のディレクトリを作成する。

# mkdir /install
# cd /install

ミラーサイトから BlueOnyx の TAR-ball をダウンロードし,解凍する。

# wget http://ftp.dti.ad.jp/pub/BlueOnyx/TAR/BlueOnyx-5106R-CentOS5-i386-20090402.tar.gz
# tar -xzf BlueOnyx-5106R-CentOS5-i386-20090402.tar.gz

インストールスクリプトを実行する。

# cd BlueOnyx-5106R-CentOS5-i386-20090402
# ./install.sh

インストール完了後,ブラウザで次の URL にアクセスすると BlueOnyx の初期設定画面が表示されるので,画面の指示にしたがって初期設定を行なう。

http://(ホスト名):444/

初期設定が完了しても FTP サーバが正常に動作していないことがあるので,その場合は以前の記事を参考に対処する。

以上でインストールが完了した。

参考ページ

コメント

コメント(1) “さくらの VPS に BlueOnyx をインストールする”

  1. […] さくらの VPS に BlueOnyx をインストールする : あかぎメモ […]

コメントする




CAPTCHA