備忘録のため,内容の正当性については責任を持ちません。

MacBook Air の快適さに慣れてしまい,3年前に購入した MacBook (Early 2008, MB403J/A) の遅さが目立つようになった。そこで,Lion のリリースを機にハードディスクを SSD に換装することにした。

MacBook 白




SSD はすぐにビット単価が下がるので,パッと探して一番安かった Crucial m4 CT064M4SSD2 というものにした。64GB で 1 万円弱だった。

Crucial m4 CT064M4SSD2

OS は Leopard を使っていたが,直接 Lion にアップグレードすることができなかったので,今さら Snow Leopard のインストール DVD を買うはめに。

Snow Leopard インストール DVD

MacBook の分解作業は,ハードディスクを外すところまでは普通の精密ドライバーでできたが,最後の最後でハードディスクのアルミケース (?) に星型ねじが使われていた。

星型ねじ

ダイソーで T-8 というドライバを購入してきて,無事換装が完了した。

ダイソーのドライバ

換装後,Snow Leopard のインストールを入れて c キーを押しながら起動し,ディスクユーティリティで SSD をフォーマットして OS をクリーンインストールした。その後 Lion をダウンロードしてアップグレードした。

SSD に換装した感想だが,Air のように動きが機敏になった。OS も 20 秒くらいで起動するし,Chrome や Thunderbird などのアプリケーションもワンジャンプで起動するようになり,とても快適になった。古い Mac の動作が遅くて悩んでいる人にはおすすめだ。

参考ページ


(2011/09/26 追記)

OCZ というメーカーの OCZSSD2-1VTXPL60G という SSD が安かったので試してみたが,ディスクユーティリティでフォーマットはできるものの,何度試しても Leopard,Snow Leopard ともに OS を正常にインストールすることができなかった。初期不良なのか相性なのかは不明だが残念。

OCZSSD2-1VTXPL60G

コメント

コメント(1) “MacBook 白のハードディスクを SSD に換装する”

  1. 匿名

    MacBook3.1(late2007)にOCZSSD2-1VTXPL60Gを入れたところ、OSのインストールはできるのですが、作動はしませんでした。そこで、FirmwareUpdate3.55を行いましたら、問題なく作動するようになりました。

コメントする




CAPTCHA