備忘録のため,内容の正当性については責任を持ちません。

長ったらしいタイトルになったが……。以下の環境で,LAN 側にグローバル IP アドレスとプライベート IP アドレスを共存させる方法をメモしておく。


ネットワーク構成

  • ルータ: YAMAHA の RT57i
  • 回線: NTT のフレッツ光
  • ISP: 固定グローバル IP アドレスを 8 個 (/29) 割り当ててくれるところ

条件

  • RT57i で PPPoE で unnumbered 接続
  • LAN 側グローバル IP: 27.XX.YY.129 (/29)
  • LAN 側プライベート IP: 172.20.0.1 (/16)
  • グローバル IP とプライベート IP は互いに通信できるように
  • プライベート IP から Internet に出るときは NAPT

ネットワーク構成



まず,普通にプロバイダの接続情報を設定する。

プロバイダの接続情報を設定

LAN 側のプライベート IP アドレスを「セカンダリ・IP アドレス」として設定する。

LAN ポートの IP アドレス設定

DHCP サーバ機能を設定する。

DHCP サーバ機能

プライベート IP から Internet に出るときは,ルータのグローバル IP で IP マスカレード (NAPT) 接続するようにする。

NAT の設定

DNS リカーシブサーバ機能を有効にする。

dns service recursive
dns private address spoof on
dns notice order dhcp me
nat descriptor masquerade static 1000 3 27.XX.YY.129 tcp domain
nat descriptor masquerade static 1000 4 27.XX.YY.129 udp domain

以上でひと通り設定が完了した。

参考ページ

コメント

コメントする




CAPTCHA