備忘録のため,内容の正当性については責任を持ちません。

Vim でファイルを編集し、一旦閉じて再度開きなおすと、カーソル位置が1行目に戻っている。CentOS に入れた Vim だとカーソル位置を記憶してくれるんだが……と思って調べてみたら、ちゃんとそのように設定されていた。



その設定とは、

/etc/vimrc

の下記の記述だ。


if has("autocmd")
  augroup redhat
    " In text files, always limit the width of text to 78 characters
    autocmd BufRead *.txt set tw=78
    " When editing a file, always jump to the last cursor position
    autocmd BufReadPost *
    \ if line("'"") > 0 && line ("'"") <= line("$") |
    \   exe "normal! g'"" |
    \ endif
  augroup END
endif

この設定をそのままいただいて

.vimrc

に記述したら、手元の Vim でもカーソル位置を記憶してくれるようになった。


コメント

コメントする




CAPTCHA