備忘録のため,内容の正当性については責任を持ちません。

Linux 上で VirtualBox のゲスト OS をバックグラウンドで起動する方法のメモ。ゲスト OS でサーバを運用する場合などに便利である。



まず,VirtualBox のゲスト OS に対して,[設定] → [ディスプレイ] → [リモートディスプレイ] で「サーバーのポート番号」を設定しておく。

リモートディスプレイの設定

起動時は VRDP モードを指定すれば良い。

$ /usr/bin/VBoxManage startvm --type vrdp <マシン名>

これだけ。

別の PC から操作するには,リモートデスクトップを使用する。

Windows から接続する場合は,

  1. [スタート] → 「ファイル名を指定して実行」
  2. 「mstsc」と入力して [ OK ] (コマンドプロンプトから mstsc と実行しても良い)
  3. コンピュータ名に
    (サーバの IP アドレス):(VRDP ポート番号)

    と入力して [ 接続 ]

リモートデスクトップ接続

Ubuntu から接続する場合は,

$ sudo apt-get install rdesktop

として rdesktop をインストールしておき,

$ rdesktop -k ja (サーバの IP アドレス):(VRDP ポート番号)

で接続する。


(2011/01/06 追記)

VirtualBox 4.0 から,vrdp モードは headless モードに統合された。さらに,VM VirtualBox Extension Pack という追加パッケージが必要になった。

$ /usr/bin/VBoxManage startvm --type headless <マシン名>

コメント

コメントする




CAPTCHA