備忘録のため,内容の正当性については責任を持ちません。

複数の PC 間やスマートフォンとのファイル共有には DropBox や Yahoo! ボックスを使っている。ただ、DropBox は無料版だと容量が少なかったり、Yahoo! ボックスは Mac 用のクライアントがなかったりして、いろいろと微妙だった。

そこで、いっそのこと自分のサーバをストレージにしてしまおう、ということで、自前で DropBox のようなクラウドストレージを構築できるオープンソース「ownCloud」を VPS にインストールしてみた。

ownCloud



インストール手順

今回は CentOS 5.8 (64bit) に入れたが、たぶん他でもだいたい同じような手順でインストールできると思う。

まず、CentOS 用の yum レポジトリの設定ファイルをもらってくる。

# cd /etc/yum.repos.d/
# wget -O ownCloud2012.repo http://download.opensuse.org/repositories/isv:ownCloud:ownCloud2012/CentOS_CentOS-6/isv:ownCloud:ownCloud2012.repo

yum で ownCloud とそれに必要なパッケージ群をインストールする。

# yum -y install php-pear-MDB2-Driver-mysqli php-pear-MDB2-Driver-mysqli
# yum -y install owncloud

バーチャルホストや SSL でもアクセスできるように、ディレクトリや設定ファイルを変更する。

# cd /var/www/html/
# mv owncloud/ ..
# vi /etc/httpd/conf.d/owncloud.conf
alias /owncloud /var/www/owncloud

<Location /owncloud>
    AllowOverride All
#   SSLRequireSSL # https のみに制限する場合、コメントアウトを外す
</Location>

Apache をリロードする。

# /etc/init.d/httpd reload

MySQL でデータベースとユーザを作成する。

# mysql -u root -p
> create database owncloud;
> grant all privileges on owncloud.* to 'owncloud'@'localhost' identified by '<パスワード>' with grant option;

以下の URL にアクセスし、初期設定を完了する。

http://<設置したサーバ>/owncloud/

以上でサーバ側の準備ができた。


クライアントの設定

次にクライアント側の設定を行う。専用のアプリケーションを Sync Clients からダウンロードしてきてインストールする。

以下、Mac の場合の手順を紹介する。

インストールが完了したらアプリケーションを起動し、メニューバーのアイコンをクリックして、「Configure…」からサーバの URL を設定する。

メニューバー

これで、

/Users/<ユーザ名>/ownCloud/

フォルダがサーバと同期されるようになる。

ただし、デフォルトではサーバに clientsync というフォルダが作られて同期され、クライアントからサーバの一番うえのフォルダにアクセスできない。これだと使いづらいので、「Open status…」から一旦デフォルトのパスを [Remove…] して、[Add sync…] で Remote path を空にしたものを設定しなおした。

ついでに iPhone アプリ (有料) もインストールしてみた。

iPhone アプリ

所感

手始めに 12GB 程度の写真ファイルを同期してみた。回線速度に依るだろうが、やはり同期にはかなり (1日以上) 時間かかる。サーバをローカルに置けばもっと早くなりそうだ。

また、各ファイルがサーバと同期できているのかどうかよくわからない。ログを眺めるために「Open status…」の [open Log Window…] を開くと、なぜかよくフリーズする。

それから、Yahoo!ボックスにあるような「領域の節約」機能 (使用頻度が低いファイルはローカルから削除する機能) がないので、例えばサーバに計 100GB のファイルを置いた場合、すべてのクライアント PC で 100GB の容量が必要になる。

Yahoo!ボックスの領域節約機能

iPhone アプリの感想としては、アルバム代わりに使うのは厳しいように感じた。写真をプレビューできないので、中身を確認するのに毎回ダウンロードしなければならないからだ。

以上、全体的に使い勝手がいまいちではあるが、プライベートのクラウドストレージを構築するという目的は十分達成できる。サーバと各クライアント PC の容量が許す限り、好きなだけファイルを放り込めるようになった。しばらく使ってみて様子をみようと思う。

参考ページ

コメント

コメント(3) “VPS + ownCloud でクラウドストレージを構築する”

  1. […] ルさせて オレオレDropbox的な感じにしてみた。 ■インストール VPS + ownCloud でクラウドストレージを構築する | あかぎメモ インストール自体は上に書かれているように進めていけばCentOS […]

  2. […] VPS + ownCloud でクラウドストレージを構築する : あかぎメモ […]

コメントする




CAPTCHA