備忘録のため,内容の正当性については責任を持ちません。

我が家はケーブルテレビを引いており,計 5 台のテレビで受信している。また,それとは別に BS/CS アンテナを立てて1 台のテレビに直接接続し,衛星放送 (BS とスカパー! e2) を視聴している。

衛星アンテナ

最近,全テレビのデジタル化が完了したので,これを機にどのテレビでも衛星放送を (ケーブルテレビの STB なしで) 視聴できるように,衛星アンテナの配線を変更することにした。


現状

まず,施工前の構成を調べたところ,次のような機器が使用されていた。

  • BS/CS アンテナ
  • CATV 保安器
  • CATV 用ブースタ・電源
  • 4 分配器 (BS/CS 対応)
  • 3 分配器 (BS/CS 対応)

施行前の構成

設計

衛星アンテナを全テレビに接続するには,次のような方法が考えられる。

  1. 衛星用の配線を別に設ける
  2. 地上波用の配線を使用する

今回は,手間が少なそうな 2. の方法を採用することにした。それにあたり調査したところ,”混合器”という機器で CATV の信号と衛星放送の信号をミックスできることがわかった。

また,衛星アンテナは,使用時にアンテナケーブルを介して給電する必要があることがわかった。これには,次のような方法が考えられる。

  1. 各テレビから視聴時のみ給電する
  2. 1台のテレビから常時給電する
  3. 給電用の機器から常時給電する

1. が消費電力が比較的少なそうだが,分配器を”全通電型”に交換しなければならないので,選択肢から除外することにした。

さらに,我が家は分岐数が多く総線路長も長いため,ブースタ (信号増幅器) が必要になる。現在は CATV 用のものなので,これを衛星放送対応のものに交換しなければならない。

以上の要件を満たす構成を検討していたところ,”CATV/BS/CS 混合ブースタ”という便利な機器を発見したので,これを採用することにした。オークションで 1 万円弱で入手できた。

CATV/BS/CS 混合ブースタ (写真右)

また,配線に使用するケーブルについても調べたところ,たくさんの種類があることがわかった。屋外配線では”S-5C-FB”,壁からテレビまでは”S-4C-FB”というケーブルが必要十分のようなので,S-5C-FB ケーブルを 100m 購入した。価格は 4,000 円程度だった。さらに,これとは別にF 型”のコネクタ (接栓) を注文した。10 個でおよそ 1,000 円だった。

施工後

最終的に,下図のような配線が完成した。

施工後の構成

ただし,これだけでは衛星放送を受信することはできない。テレビのアンテナの差込口が,地上波と衛星放送で別々だからである。今回は 1 本のケーブルに地上波と衛星波を混合したので,その都度ケーブルを差し替えれば両方視聴できるが,それは現実的でないので,各テレビとアンテナの間に”分波器”をかました。これは 1 個 1,500 円程度で売られている。分配器が余っていればそれで代用することもできる (ただし信号が弱くなる)。

地デジ/CS分波器

以上で,すべてのテレビで衛星放送を無事受信できるようになった。めでたしめでたし。

費用

今回の施工にあたり,調達した物品は下記のとおりである。

合計 17,643 円

参考ページ

コメント

コメント(1) “CATV (地デジ) + BS/CS の混合”

  1. naaaaaaaaaaaaaaaaa

    大変参考になりました。ありがとうございました。

コメントする




CAPTCHA