備忘録のため,内容の正当性については責任を持ちません。

リポジトリが Bitbucket でホスティングされているソフトウェアを使用するとき,ソースコードを自分用に改変して使いたいことがある。Bitbucket には fork という機能があり,自分用にリポジトリのクローンを作ることができる。

そこで今回は,日本語版 CodeIgniter を fork してみる。


対象環境

この記事は以下の環境を想定している。Mac で Mercurial を使用する方法は以前の記事に書いてある。

  • Mac OS 10.7
  • NetBeans 7.0

リポジトリの fork

早速 リポジトリを fork する。あらかじめ Bitbucket のアカウントを作っておくこと。

fork 元のリポジトリのページを開き,「fork」をクリックする。

fork

リポジトリ名や説明などを入力する。非公開のリポジトリにしたい場合は「Private」にチェックを入れておく。今回は自分用なので,「 Inherit repository user/group permissions」(パーミッションの継承) はチェックを外す。

リポジトリ情報の入力

リポジトリが作成される。

Cloning

ローカルにクローンを作成

ローカルにリポジトリのクローンを作成し,NetBeans に新規プロジェクトを作成する。方法は以前の記事を参照。

その際,リポジトリの URL は次のようになる。

https://bitbucket.org/<Bitbucket ユーザ名>/<fork 後のリポジトリ名>

リポジトリを編集

いよいよ元のリポジトリに手を加え,オリジナルのものを作成する。

まずは不要なファイルを削除してみる。このとき,NetBeans を使わずに Finder で直接削除するとおかしなことになるので注意すること。

削除

Mercurial でローカルに commit する。ファイル一覧から対象ファイルを右クリックし,[Mercurial] – [コミット]。

コミット

適当にコミットメッセージを入力しておく。「.hgignore」は対象から外しておいた方がいい気がする。

コミットメッセージ

レポジトリに更新を反映するために,サーバに push する。ファイル一覧から「ソースファイル」を右クリックし,[Mercurial] – [共有] – [デフォルトにプッシュ]。

デフォルトにプッシュ

リポジトリに反映されていることを確認する。


Recent commits

以後,同様の手順で自由にファイルを更新して push していけば良い。

次回は,fork 後のリポジトリをベースに新たにアプリケーションを作成する方法や,fork 元からの差分のマージについて書く予定。

コメント

コメントする




CAPTCHA